Home » 未分類 » 別れてしまった恋人と復縁をするための手段と意識

別れてしまった恋人と復縁をするための手段と意識

別れたがまだ未練がある

彼氏や彼女にふられた、あるいはふったものの未練が残り、復縁を望むこともあるでしょう。些細なケンカで勢いで別れを切り出してしまい、そのまま本当に縁が切れてしまう場合もあるでしょうし、一緒に過ごす時間が長いがために関係がマンネリ化してしまい、それが別れにつながることもあります。カップルの数だけ別れの種類がありますので理由は様々でしょうが、復縁を望み実際に関係修復を試みるのであれば注意をしなければなりません。

そもそもどちらが別れを切り出したのか

復縁をしようと試みる際に、最初に意識すべきことは、どちらから別れを切り出したのか、ということです。自分から別れようと言い出したのであれば、少なからず相手を傷つけていることになるので謝罪をする必要がありますし、相手から言われたのであれば自分に何かしらの欠陥があり、その点を改めない限りは復縁を望めません。まずは自分がどのような立場に置かれているのか、ということを考慮し、まずは何をすべきなのかを判断しましょう。

別れた直後に連絡を取るのは危険

別れた直後に連絡を取り、復縁を申し込むのは避けなければなりません。相手も復縁の意思があるならば問題はないかもしれませんが、その気がほとんどない場合には、少しでも残っている可能性を潰してしまいかねないためです。連絡を取るのであればある程度の期間を置き、同時に相手がどのような状態にあるのか、例えば新たに付き合っている恋人がいるのかどうかなどを共通の知り合いから聞き出し、可能性が残っているかどうかを判断した上で行動に移しましょう。

復縁の方法とは、相手が異性に求める理想に近づく事ですので、相手の事を理解する事から始める事が最適です。

最近のコメント