Home » 未分類 » 火災保険の契約内容を考えるポイントについて。

火災保険の契約内容を考えるポイントについて。

どの会社の火災保険にするか考える。

新居を建てたり引っ越したりしたら、いつまでも安全にその家で暮らしたいと思うのが皆の願いですが、不幸にも火災や地震などの災害に見舞われることも考えられます。万が一自宅にて火災が発生した際に、再び住める家を得られるように補償してくれるのが火災保険です。火災保険は、損害保険を取り扱っている保険会社と直接契約をしたり、代理店と契約したり、最近ではインターネットで複数の会社の見積もりを取ったりして最もふさわしい会社と契約するという方法があります。各会社によって取り扱っている保険の補償内容に違いがあるので、それぞれの内容を比較していいと思った会社と契約するようにしましょう。

自分の住んでいる家や近所の条件から考える。

ひとくちに火災保険と言っても、契約する家庭の家の状況によって保険料が変わってきます。例えば、広めの家ならそれだけ保険料も高くなりますし、コンクリートの造りで耐火構造になっている家よりも木造で耐火構造になっていない家のほうが保険料も高くなります。また、住宅密集地域などでは、それに応じたオプションの契約をしておいたほうがいいということもあり、それによって保険料も高くなるので予算と家の状況に応じてふさわしい内容で契約するのがいいと思います。

地震保険をセットにして契約するかどうか考える。

現在日本では毎日のようにどこかで地震が発生しており、地域によってはいつ巨大地震が起きるかわからない状況にあるところもあります。火災保険では、地震が原因で発生した火災や津波などで生じた損害まで補償することができないので、巨大地震が想定される地域では火災保険に加えて地震保険も一緒に契約する必要があると思われます。万が一の時のためにも、最も適した火災保険を契約し、安心して自宅での生活が送れるようにしましょう。

火災保険とは、火事で家屋や家具、家電製品などに損害が発生したときに、損失を補填する保険商品のことです。

最近のコメント