Home » 未分類 » 遺産相続についての法律関係について説明します

遺産相続についての法律関係について説明します

遺産相続には法定相続分が決まっています

民法によると、遺産相続をする場合には、法定相続分が決められています。例えば、被相続人が死亡した場合に、妻と子供2人がいた場合には、妻に相続分の半分が、子供ひとりにつき、相続分の四分の一が移動する事になります。生前に、被相続人の看護などをして、被相続人に尽くした相続人には、寄与分が与えられる事になります。寄与分は、相続分全体から始めに引いておき、相続分で割った後に、寄与分を受ける人に加算する事になっています。

マイナスの財産を相続しない為の相続放棄について

遺産相続は、プラスの財産だけではなくて、マイナスの財産も相続する事になります。被相続人が生前にした借入金も相続する事になるので、その場合は、相続放棄をすれば、その借入金から免れる事ができます。相続放棄には、時効制度があるので、時効になる前に相続放棄を家庭裁判所に申し立てをしないといけないです。相続放棄をした場合には、その相続人は始めから相続人ではない扱いになります。相続放棄をした場合には、次順位の相続人が遺産相続をする事になるので、その相続人とも話し合いをした方が良いでしょう。

遺言状が出て来た場合には法定相続分が変わります

被相続人は、遺言状を書く事ができ、被相続人の死後にその遺言状で、相続分の指定が可能になっています。遺言状には、自筆遺言や公正遺言などがあり、病院などで、亡くなる寸前にする、緊急遺言などもあります。遺言状で指定された遺産相続分は、遺留分を侵す事ができないようになっています。遺留分が侵された時には、家庭裁判所に申し立てをして、遺留分減殺請求をする事ができます。遺留分は、直系血族と配偶者に認められていて、兄弟姉妹には、遺留分はありません。

遺産相続に関する相談を行いたい場合には、法的な意見をもらうことが可能な弁護士事務所を活用していけます。

最近のコメント