Home » 未分類 » 自分の許容度はどれぐらい?資産運用はリスク許容度を知ることから始まる!

自分の許容度はどれぐらい?資産運用はリスク許容度を知ることから始まる!

資産運用はリスクの意味を知ることから始まる

資産運用をこれからやろうと考えている人は、自分が許容できるリスクのレベルをしっておくことが大切です。資産運用におけるリスクというのは、運用損により資産額が減少してしまうという意味とは少し違います。リスクは、どういう結果になるかわからないことを指しているのです。つまり、投資した結果、大きな利益が得られるかもしれないが大きく損する可能性もあることをリスクが大きいというのです。まずはリスクの意味を知ることから資産運用が始まるといっても過言ではないでしょう。

自分のリスク許容度を知ることが大切

リスクが不確実性を表すということがわかったら、次は自分のリスク許容度を知ることが大切です。お金に対する感覚は人それぞれ違います。投資した結果、資産が1円でも減ってしまうことは許容できないという人もいれば、多少減る可能性があったとしても大きな利益を得る可能性を追いたいという人もいるでしょう。まずは自分のリスク許容度がどのぐらいなのかを自己分析することで、実際の投資対象選びに入ることができるでしょう。自分のリスク許容度を理解しないで資産運用を始めると失敗する可能性が高くなると言われています。

自分のリスク許容度に合った金融商品を選ぶことが大事

自分のリスク許容度がわかったらいよいよ資産運用すべき金融商品選びに入ります。金融商品はいろいろありますが、それぞれ特徴が違います。当然それぞれの商品の持つリスクの大きさも違うことになるでしょう。自分のリスク許容度に合わせて組み合わせていくのが基本です。例えば、あまりリスクを取りたくないという人は債券を中心にして株式の割合を少なくするといったやり方で自分の運用すべき資産を選んでいくのです。そうすると自分のリスク許容度になった資産内容になっていくはずです。

ファンドラップは、多忙で投資にかける時間がない場合や、上手く運用する自信が無いといった場合に最適なサービスです。

最近のコメント