Home » 未分類 » 自分に合ったFX口座を見極める3つの方法

自分に合ったFX口座を見極める3つの方法

短期トレード派はスプレッドが重要

FXで通貨の売買を行う場合は、FX口座を開設する必要があります。しかし、FX口座といっても、たくさんありますから、どの業者の口座を開設すればよいのかわからなくなってしまうこともあるかもしれません。そこで、自分がどのようなトレードスタイルで取引を行うのかという視点で、業者を選んでみるとよいでしょう。もし、通貨の売買を頻繁に行うデイトレードスタイルでの取引を考えているのであれば、できるだけスプレッドが狭い業者を選択するということが大事になってきます。スプレッドは、FXの取引におけるコストになってきますが、業者によって変わってきますし、通貨ペアによっても変わってきます。スプレッドについては、業者で公表していますから、比較してみるとよいでしょう。

サポート体制がしっかりしている業者が初心者には有効

FXをするにあたって、初心者の時は、よくわからないことが多かったりします。そのような場合は、なるべくサポート体制がしっかりとしている、FX業者の口座を開くとよいでしょう。サポート体制がしっかりしている業者の場合、24時間、電話やメールでサポートしてくれますから、わからないことなどがあれば、すぐに質問して納得することができます。また、でも口座を設けている業者もありますから、慣れるまではでも口座で取引の練習をするとよいでしょう。

長期トレード派はスワップポイントが高い業者が有利

FXのトレードスタイルの中には、長期トレードの人もたくさんいます。長期トレードの場合、一度通貨を保持したら、すぐに売買せずに、長期的に保有することになります。そこで、FXの場合、通貨を持っているだけで、金利がつくことがあります。この金利のことをスワップポイントといいますが、このポイントは業者によって差があります。ですから、長期にわたって、特に資源国通貨を保有する予定のある人は、スワップポイントが高いFX業者の口座を開設することで、売買差益以外の利益を得ることができます。

FXを始めるには、専用の口座が必要です。口座は多数の種類があり、利用者数はもちろん利便性にも違いがあります。

最近のコメント