Home » 未分類 » ファイナンシャルプランナーについての基礎知識

ファイナンシャルプランナーについての基礎知識

人生設計にマッチするように資産を守ります

ファイナンシャルプランナーとは、お客様の人生設計や収入額、そして資産等にアジャストして、トータルの資産のプランニングのための提案書を生成し、同時にそのプランの実施をバックアップする仕事をいいます。 すなわち、いくつものバリエーションの金融商品もしくは保険商品が存在する時代において、個人用の人生設計にマッチするように資産を守り、さらに、多くの危険性を避けるためのプランニングから助言までを行う資格です。

自己責任が強調される時代に重要性が増しています

規制緩和などによって、生活あるいはお金に関しての一般常識が変化しました。 金融商品にとどまらず、税金、さらに不動産、そして住宅ローンや生命保険、公的年金制度等ありとあらゆる面でいわゆる自己責任が強調される時代になっています。 そこで家庭の経済状況や財産を維持するためには、近い将来を見越した人生設計に沿った確実な情報の収集と適正なマネープランが必須になってきます。ファイナンシャルプランナーの活躍するフィールドといえます。

生活に有効活用することができます

一生涯にわたって価値のあるライフステージを送るために、生活の実態や周辺環境の段取りを勘案して構築するのがライフプランというものになります。そのライフプランを可能にするためにファイナンシャルプランナーはファイナンスや経済についての多様な知識を踏まえたうえで多種多様なマネープランを提案します。最終地点の現実化をアシストする家計のホームドクターとして一層その重要性がたかくなると考えられます。ファイナンシャルプランナーは、実際の生活に有効活用することができるのも大きな醍醐味です。

ファイナンシャルプランナーの講座を受けることで、その資格に合格しやすくなります。効果的な勉強方法をしることができます。

最近のコメント